遺言書において相続人が指定されている場合、そこに法律上の問題が無かったのであればその人に対して相続がされることとなります。
しかし「相続人が死亡している」というような場合には当然、相続されてもそれを引き受けることはできません。
ではその相続対象の遺産はどうなるのかと言うと、ここで発生するのが「代襲相続」というものです。
代襲相続とは「相続人が亡くなっているためにその権利を引き継ぐ」というものであり、基本は「相続人として指定されていた故人の子供」が新たな相続人となります。
その子供も亡くなっていたというような場合にはさらにその子供、つまり相続人の孫に再代襲が行われることとなります。
ただ注意をしたいのが、この代襲相続制度においては「被相続人の直系卑属」もしくは「被相続人の傍系卑属」のみが対象になるということです。
例えば相続人として指定されていた人とその子供が故人であり、その故人の妻が存命であるというような場合であったとしても、その妻に対して相続権が移動することはありません。
また被相続人の直系尊属、つまり父母や祖父母、曾祖父母といったような人も対象外となっていますから、これらの人に対しても相続権が移動することはありません。
この際には傍系卑属となっている被相続人の甥や姪といったような人物に対して相続権が移動することとなります。
こうした代襲相続制度はかなり複雑であるため、代襲相続が発生するという場合には司法書士や弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。