協議離婚とは、夫婦が2人で話し合って離婚の合意に至ることで、2人が合意していればその他の要件はありません。裁判所は関与しない方法で、日本で離婚する夫婦の90%がこの方法をとっています。離婚届に夫婦2人がそれぞれ署名押印し、未成年の子どもがいる場合には、親権者を記入します。さらに証人2名が署名押印し、本籍地または所在地の市区町村役場に届け出ます。本籍地以外に届け出る場合には、戸籍謄本が必要です。また、届けを持参する人の本人確認書類も必要になります。届け出を提出すれば、離婚成立です。
離婚の話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。家庭裁判所では、裁判官1名と調停委員2名が、夫婦双方の話を聞き、お互いが合意して解決できるよう仲裁をしてくれます。お互いの合意を得るまで、1ヶ月に1回程度の調停を繰り返します。合意に至り、調停委員会が妥当と判断すれば調停調書を作成して、調停が成立します。調停成立から10日以内に、離婚届と調停調書を提出して離婚が成立します。届けには証人が不要で、申立人ではない方の署名押印も不要です。
協議離婚と調停離婚の違いは、調停離婚では、確定した判決と同じ効力を持つ調停調書を得られることです。しかし、調停離婚では何度か家庭裁判所に足を運ぶ必要があり時間がかかること、離婚が成立するとは限らないことも頭に入れておく必要があります。