調停離婚の最大のメリットは、取り決めた内容が書面として残されるので強制執行手続きをとることが出来るという点です。
協議離婚では公正証書は作成しますが、裁判所からの履行勧告は出ないため、話し合いで決めたことでも相手側が無視をしてもなんの強制力を持ちません。
しかし、調停離婚の場合は、裁判所からの履行勧告が出ているため、記載されている事を履行しない場合は裁判所から金銭の支払い命令を下すことが出来ますし、慰謝料の金額や養育費などが滞った場合、強制執行手続きをとり財産の差し押さえをすることも可能なのです。
また調停員が当事者の間に介入して話合いをすすめるため、相手と顔を合わせることなく話し合いを進めることが出来るという点も離婚調停の長所といえるでしょう。
DVなどが原因で離婚となった場合に大きな安心感を与えることとなります。
その他、費用面でも離婚料亭証書の作成手数料は2000円程度ですので、数万円かかる協議離婚よりも負担が少なくなります。
一方で、離婚調停の最大のデメリットは、平日の昼間に調停が行われるため、仕事への負担が大きくなるということです。
調停は月一回のペースで行われますので、そのたびに仕事を休まなければならず、長期化してしまうと仕事への影響が強く出てしまいます。
また調停委員との相性によっては、辛辣な意見をぶつけられたりするという精神的な負担も考えられます。