離婚調停の流れ

| 未分類 |

 

結婚をしてもうまくいかずに離婚をしてしまう夫婦もいます。うまく離婚ができる夫婦は少なく、多くの夫婦が離婚調停などをしますが、調停の流れとはどんなものなのでしょう。まずは調停を申し立てる前にやるべきこととしては、必要な書類をまとめ離婚の理由を申立書に書いておきます。家庭裁判所に調停の申し立てをし費用を用意します。申し立てから第一回調停までの流れは、期日が決定し、期日通知書が到着します。期日当日は必要なものを持って行き、到着したら待合室で待機します。急用で行けない時は連絡をし対応してもらいます。順番が来ると待合室から呼ばれるので30分ほど調停委員と話をして待合室へ戻り一回目は終わります。一カ月ほど後に第二回目の調停が行われます。この時の流れは一回目とほぼ同じです。この後三回目や四回目と続きます。話し合いを経た上で、双方が合意し調停委員会が離婚を認めた時、調停成立となり終了となります。話し合いで解決しない場合は不成立となり、離婚裁判になります。その前にもう一度冷静になって話し合う方法もありますが、離婚調停でも話がまとまらないのであれば解決は難しいです。離婚調停の流れとしてはこのようになっていますが、分かり易くするためにフローチャート作成をしておくと良いでしょう。