相続とは死亡した人が所有していた財産を、配偶者や血族が受け継ぐ事を指します。この財産はお金や不動産などプラスの財産だけでなく、債務などのマイナスの財産も含みます。ローンなども借入がある状態で死亡すると、相続人が返済する義務を負う事になってしまうというわけです。
しかし相続放棄を行えばそういった事を避ける事が可能になります。ただし、相続放棄の場合は全ての相続財産の相続権を放棄する事を意味します。つまりお金や不動産などのプラスの財産も相続できなくなるという事です。マイナスの財産があってもプラスの財産の方が多いようなケースではこれを行うと損をしてしまいます。
この相続放棄と混同される事が多いものとして相続分の放棄というのがあります。これは通常通り相続を行いますが、相続財産の一部を相続せず、他の相続人に譲る事を意味します。実家の土地と建物を兄弟に譲るといったケースがこれにあたります。そして債務などのマイナスの財産があるケースでこれを行っても、債務は通常通り相続されます。そのため実際に近親者や配偶者が死亡して相続を行う場合においては、これらを混同しないようにしっかりと違いを認識しておく事が大切です。